去年の京王閣の布博は、
2Fの展示で、頭上を鳩が飛んでいくのを眺めてました。
そして風が通るから寒かった。

昼間は鳴りを潜めていた花粉症の症状が、
すっかり冷えた体に容赦なく現れたのが、飲み始めてから。
ティッシュをたくさん使いながら、
目も鼻も真っ赤にしていたから、
「大丈夫か」とたっぷり声をかけられてました。
お酒を飲むと鼻がつまるけど、
焼き鳥屋に行ったら、飲むでしょ。

数年前の京都の布博もやっぱり花粉症がひどくて、
箱ティッシュを買い込み、
マスク2重使いで、目を充血させて三重になってました。

布博と花粉症は一体。

かなり学習を積んだので、今年はきっと大丈夫。
室内の展示だから寒くないし、
さらに体を冷やさないようにして、
「じゃばら(柑橘)」を飲んでいれば、
みなさんに気持ちよ〜くお会いできるはず。

夜のお酒が美味しく飲めるはず。

まずは明日の朝5時の電車に乗ってる間から、
冷えないように、
花粉に触れる機会を減らすように努めます。


小鳥のおしゃべりが聞こえる中、花粉症の話なんて。

ハンケチーフの端のコピー


「 布博in東京 」

2017年
 3月25日(土)10:30-17:30
   26日(日)10:00-17:00

場所:東京オーヴァル京王閣
 東京都調布市多摩川4-31-1
 (京王線:京王多摩川駅より徒歩1分)
入場料:500円
 小学生以下は無料

お問い合わせ先:手紙社 (詳しくはサイトで。)
 電話:042-444-5367




Instagram
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL