一人で織っていると、
この作業、みんなはどうやっているのかな〜
そう思うことが多々あります。

それと同じことを料理のたびに思います。

料理の持ち寄りをした時に、
友達が作ってきたものに入っていた野菜が、
同じ大きさにしっかり切ってありました。
驚愕・・・。

例えばニンジンって先細りの円柱、
カボチャだって丸いから、
ここと、あすこは同じ形になるはずがない。
そう思って、だいたいで切ってきたのに、
同じ大きさに切り揃えることが出来る人が、
料理人以外にいたなんて・・・。
どうやったら、そうなるの?

なんでこんな事を言っているのかというと、
先週届いた野菜の中に、
直径20センチくらいの丸い大根がありました。

サラダにしようと半分にしてみたら、
そのあとどうやって切ったらいいのか、分からなくなりました。
(想像してみてください。)
いちょう切りでも千切りでもいいんです、
食べるのは家族だけだし、
お箸でつかめる大きさで、薄ければいいと思うんですが、
プチパニック・・・。
半分になった大根を、
あっちに向けたり、こっちに向けたりして切り方をイメージ。
こんな時、他人の引き出し(知恵)に頼りたい。
なんとか千切りで落ち着きました。

密かに、
料理をするたびに、「試されてる・・・」と思う。


大根の切り方一つで盛り上がり、
ブログを書いてしまおうとするほど、
ささやかな日常を送っております。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

布博in東京
 2017.3.25(土)-26(日)
 京王閣(手紙社)



Instagram
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL