9月  もみじ市(調布市/東京都)(手紙社)

11月 Ekoca(イコッカ)(恵比寿/東京都)

11月 カフェポステン(つくば市/茨城県)

12月 SCRUMPCIOUS(スクランプシャス)(真鶴町/神奈川県)

1月   春へおでかけ展vol.7(小田原市/神奈川県)

2月   布博 in 京都vol.4(京都府)(手紙社

3月   布博 in 東京vol.8(調布市/東京都)(手紙社)


・上記は作品展、イベントのお知らせです。(8/23)
・それ以外の販売は「納品」のお知らせをお待ちください。
・(12/2)1月、2月を追記しました。
・(12/26)3月を追記しました。



ーーーーーーーーーーー
「ショールマフラーのお手入れ方法」

・毛100%
・手洗い
普段使われているウール用の洗剤で、
ぬるま湯の中で、ささっと手洗いしてください。
最後の脱水だけ、洗濯機で1分。


・糸を引っ掛けてしまった場合
飛び出た糸の、両側20センチくらい離れたところを、
ピッピッと引っ張ってみてください。
それでも戻らない場合は、かぎ針で他の糸に引っ掛けておきます、
ウールなので、自然に周りの糸に馴染んできます。
※切らないでください。


ーーーーーーーーーーーーーー
この情報がしばらく1番上にあります。



Instagram  インスタグラム
スポンサーサイト
タイ式マッサージは1回もしませんでしたよ。

普段マッサージ等を受けることがないので、
やってもやらなくてもいい。
お勧めがあったら、やるよ〜。でした。
そしたら友もそんな人達だったので〜。笑


国内でも知らない土地に行くと、
周りの人に道を聞いたり、助けを求めるくらいだから、
タイでもいくつかハプニングがありました。
例えば、
やっときたバスに乗ったら車掌さんは
「違う路線だから降りて」と言う、
他の乗客が車掌さんと会話していると思ったら、
「このまま乗ってて(無料でした)」と言われ、
「次で降りて**番のバスに乗って」と降ろされる。
(タイ語は分からないので、ほぼジェスチャー)

「あっ!」「えっ?」
と思っているうちに、助けてくれる人が現れるような、
なんとも心地よい日々でした。
友に頼って、タイの人に助けられて、
みんなに優しくされて、守られているような安心感。

大きな失敗や怖い思いを経験してないこともありますが。
知らない土地に行くと、助けてもらう機会が多くて、
自由が丘で道を尋ねて教えてもらうのでさえも、
優しい人ばかりだ!と、
なんか心が温まるのです。
もしかしたら、私はこの幸せの気持ちを味わうために、
知らない土地に行くのかも、そう思いました。


バンコクの埃っぽさも、
道路の混みっぷりも、
道の隅から何かが出てきそうなドキドキ感も、
無愛想に声をかけてくれるバスの車掌さんも、
美味しいみかんジュースも、
たまに聞こえてくる日本語も、
とてもいい思い出です。


IMG_4611.jpg

空港に向かう鉄道です。
これもいろいろありましたが、楽しかった思い出の一つです。

どれもこれも楽しかった笑い話になるのは、
あの人達と一緒だったから。

(み)ありがとよー!
(し)ありがとよー!
それとお疲れさまでしたー!!笑
日本でお帰りをお待ちしておりまーす。



ーーーーーーーーーーーーーーーー

布博in東京
 2017.3.25(土)-26(日)
 京王閣(手紙社)



Instagram
恥ずかしがり〜の集まりなので、
私たちの入り込んでいる写真はないです。


IMG_4231.jpg

この旅は、友人がバンコクにいる時にちょっとお邪魔する位だったので、
私の希望はバンコクでおしゃべりしながら、ご飯を食べる。
それだけでした。

だからお寺も見ても見なくてもいい。
水上バスに乗れたら、それだけできっと楽しいと言う、
なんとも盛り上がりのかけるものでした。



IMG_4400.jpg
IMG_4555.jpg

ただ水上バスがワットアルンの目の前に止まったから、
じゃあ見る!
それが、それが、
まるでお花畑のような、とてもきれいな所でした。
雲ひとつない水色の空に、花が漂うような。

ワットポーも行って良かった!
腰のくびれた仏像がたくさん並んでいて、
キンキラキンで、
やっぱり花畑のようで、
見慣れた神社仏閣とは違い、博物館にいるようでした。
ここも好きだわ〜。
友よ、誘ってくれてありがとう。

食わず嫌いはいけないね。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

布博in東京
 2017.3.25(土)-26(日)
 京王閣(手紙社)



Instagram

友人と一緒に過ごしたバンコクは、
暑さと毎晩続く夜遊びで、まるで夏休みのようでした。

移動は空港を出た時から、だいたいバスで、
渋滞にはまったり、車掌さんの人柄の違いを楽しんだり、
町の様子が見れて楽しかったです。

だいたいバスでしたが、
地下鉄にもBTSにも乗ったし、トゥクトゥクにも
水上バスにもタイ国鉄?にも乗り大満足!
バスとトゥクトゥク以外は、表示がとてもわかりやすく、
外国人も利用しやすい。


IMG_4227.jpg

IMG_4245.jpg

この写真は夜のウィークエンドマーケット、
屋根はトタン、埃だらけでボロボロ、
昼間見るより怖い感じ・・・。

空港の次にカオサン付近を見ているので、
私のバンコクはこんなボロボロ、いえ味のある街並みですが、
実は駅がきれいだったり、大きなデパートがあるのにびっくりしました。

IMG_4364.jpg

なんでも美味しく楽しめた食事も、
ナイトマーケットのこの海鮮盛りだけが、
腹痛の不安がちょっとかすめました。

パッションフルーツのジュースも
おかゆも、ワンタンも、甘いコーヒーも
もち米も、あれもこれも美味しかった〜〜〜〜。
アイスティーもあと何回か飲めば、きっと好きになる。笑

あ〜もっと食べたかった〜〜〜。
もう一回ずつ食べた〜い。
あの有名なパッタイ屋は1回行ったから、もういいかな。笑



ーーーーーーーーーーーーーーーー

布博in東京
 2017.3.25(土)-26(日)
 京王閣(手紙社)



Instagram
今回の京都は、
金曜日に展示準備をしました。

いつもと違うのはそれくらいで、
早朝京都着のあとは、
「朝ラー」
朝ごはんにラーメンを食べます。

朝6時に空いているお店がない。
冬の朝は温かいものが食べたい。

この条件にぴったりなのが、この「朝ラー」
胃袋もこれに異議を唱える様子はございません。
なので「朝からラーメンが食べれるのか!?」と驚かれると、
「食べれないのか!?」と驚いて返します。


IMG_4013.jpg

お腹いっぱいになったら、静かな朝の京都を散歩します。
いつもなら会場に行って展示準備なのですが、
今回は前日なので会場に行くのは午後。
それまでどうやって過ごそうか、
あれこれ考え、周りにも聞いてみた結果、
国立民族学博物館に行ってきました!

国立民族学博物館に行くということは、
太陽の塔が見れるという、一石二鳥!素晴らしい!

前回も思ったのですが、
太陽の塔が本当に大きい。
この大きさはちょっと感動的で、
鎌倉の大仏の入場料は惜しむけど、太陽の塔なら迷わず出す!


IMG_4018.jpg

国立民族学博物館は、
とても静かなので、たまに会う入場者にびっくりしました。
展示物がたくさんで、あっという間に2時間経ちます。


そのあとは、京都の四条あたりに戻り、
たくさんの人の間を一生懸命歩いたり、
裏道をのんびり歩いて、こんな写真を撮って楽しんでました。
京都の消火栓の蓋は、意外と地味なんだな〜。

IMG_4014.jpg

そして2/3のデパ地下でビックリ!
夕飯を買ってホテルでのんびり食べようと行ったのですが、
とても混んでる。
金曜日の夜だし、みんなお惣菜を買って帰るんだろう。
と思っていたのですが、なんとそこここに行列。
「・・・は売り切れです!」なんて叫んでる。
なんと太巻きを買い求める列でした。
恵方巻き!

その場にいた関東人はびっくり。
この行列はクリスマスケーキや、年末の買い出し位しか見かけない。
恵方巻きはスーパーで予約するんじゃないのか?
恵方巻きは関西から流れてきたものらしく、
今年の方角を見て、無言で食べるとか聞いてはいましたが、
まさかこんなに熱の入った行事だったとは・・・。

もちろん翌日の布博の会場で、
関西の出店者や来場の方に聞きました。
恵方巻きは本当に無言で食べるのか、
切らないのか、
本当なのか。
本当なんだ・・・。

今回の京都で一番、印象的な出来事がこれでした。





ーーーーーーーーーーーーーーーー



布博in東京
 2017.3.25(土)-26(日)
 京王閣(手紙社)



Instagram

| main | next »